Tag Archives: アメリカ

アメリカ南部料理 Étouffée

友達のJちゃん、アメリカの南部料理に妙に詳しい。 で、自分でも色々作っていて、ちょっとおすそ分けしてくれたのがこれ、Étouffée(エトフェー)。 玉ねぎ、セロリ、ピーマンの「聖なる三位一体」と呼ばれる野菜を使って、あとはエビやらソーセージ やらを入れて作るらしい。 南部料理は、基本カイエンヌペッパーやチリペッパーで味付けしたスパイシーなのが多くて、 この料理もスパイシー。 Jちゃんは、それにカルダモンを加えて、味に深みを付けていた。 私的には、どちらかと言うと、サラサラのカレーみたいな感じかな。 初めて食べたÉtouffée、日本人の舌にもしっかり美味しい料理でした。 Jちゃん、ゴチッ!

Share
カテゴリー: 料理
タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

メレンゲクッキー

2月の祝日と言えば、アメリカはプレジデントデーで、3週目の金~月曜日まで学校がお休み。 暇だった娘っ子、「ほら、軽くてサクッとしているお菓子、何だっけ?」 と言いながら、何やら検索。 で、「見つけた~」 と言って、まず最初にMちゃんに Von’s へ粉砂糖を買いに連れて行って貰った。 で、帰って来ると、やおら電動ミキサーを駆使して、卵白をガンガン泡立てている。 何が出来るのか見ていたら、メレンゲクッキー。 このクッキーのコツは、焼きあがったら、冷めるまでオーブンから出さない事らしい。 で、待つ事2時間。 出来ました~。 最初、絞り出し袋を使わなかったので、かなり残念な形になっていたのもあったけど、その後はキレイに絞り出して、売れる かもって言う位、キレイに焼けてる。 余り甘すぎず、軽くてサクサクシュワシュワで、何個でもイケちゃう美味しさ。 とうの娘っ子、作っちゃったら満足したらしく、1~2個食べて終わり。 方やこの母さん、サクサク感がたまらず、気が付けばガンガン食べてるし。 軽いとは言っても、多分お砂糖かなり入っているわよねと思いつつ、でもつい手が…。 「止まらない~、誰かどこかへ隠して~」 状態でしたわ。

Share
カテゴリー: 料理
タグ: , , , | コメントをどうぞ

アメリカの食事事情

日本の学生さんが、アメリカ人のホストファミリーの所に居て、一番多い苦情が食事。 とっても気さくで良いホストファミリーなんだけど、食事が…と言うのを良く聞く。 そうなんです、アメリカ人は野菜 を一杯食べなきゃ、とかこれを食べたら体に良い、と言う発想がないんですね。 なので、そう言ったホストファミリーの所に居ると、夕飯はピザ、パスタ、サンドイッチ、肉料理のオンパレードになる。 最初の頃は、「野菜嫌いだし、ピザ大好きだからラッキ~」 とか思うんだけど、これが何ヶ月も続くと、体重も増えて来るし、 サスガにイヤになる。 私が、50歳代のホストマザーの所に滞在していた頃、夕飯はチキンを焼いた物と冷凍の野菜、タイ米が毎日だった。 最初の頃は、野菜もあるしチキン好きだし~と思っていたけど、これが毎日続くと、サスガに具合が悪くなって来る。 何故か、ホストマザーは同じ物を食べない、と言うか、彼女と一緒に夕飯を食べたのは、3カ月の滞在中週に1~2回だった。 が、ホストマザーは私の為に作ってくれるし、味は不味くないから、文句言えないんだよね~となる。←こう言った遠慮があるので 言えないのよね~。 この時ほど、日本人でなきゃ良かったよ~と思った事はない。 で、どう言う風に言ったら、彼女を傷つけずに他の夕飯に変えて貰えるか頭を捻っていたら…。 ある日、「今日は暑いから、サンドイッチにしましょうね」 と。 今だったら、夕飯にサンドイッチは当たり前←(すっかりアメリカナイズされている)だけど、日本から来たばかりの私、「夕飯に サンドイッチは有り得ん…」 となり、結局UCSD のクラスが終わったと同時に、その家は出た。 私は、他の学生さんより、食事に関しては恵まれていた方だと思う。 それでも、同じ食事を出されて、ホームステイ先を変えた。←当時は言えなかった~。 なので、アメリカに留学を考えている皆さん、食事に関しては、日本を基本に考えると、ちょっと厳しいです。 small unsecured loans for bad credit instant payday loans online direct lenders cheapest payday loan san … Continue reading

Share
カテゴリー: ホームステイ, 料理
タグ: , , , , , | コメントをどうぞ

ホストファミリーと合わない場合は…

日本人の学生さんって、他の国の学生さんに比べて大人しいと言うか、積極的じゃないと言うか…。 よく見るのが、ホストファミリーと余り合わないんだけど、自分が出ると、また他の学生さんを探さなきゃならないから悪いなぁ、 とか良い人達なので言い出せない、とか。 よほど、決定的な事がないと、自分から動く事をしないのよね。 でも、期間限定で来ている人なんて、すごくもったいないと思う。 時間もないし、お金も限られているんだから、アメリカ生活を楽しまなきゃ損よね。 もし、ホストファミリーに対して、イヤだなぁとか、こんな所変えて欲しいなぁと言うのがあったら、まず聞いてみると良い。 実は、こうなんだけど変えて貰えますか?とか、何か良い案はありませんか?とか。 アメリカ人、特にカリフォルニアの人は、大抵陽気でオープンな人が多い。←勿論違う人も一杯いるけど。 なので、ホストファミリーの方でも、アラ、じゃこうしましょ、とか気軽に言ってくれたりする。←ダメな場合もあるけどね。 英語が話せないので、言いたい事が言えない、とかはあるけど、こちらが誠意を持って言うと大抵の場合、話が通る事が多い。 もし、どうやって言っていいのか分からない場合は、学校の先生とかに質問してみると良い。 こちらの先生は、日本の先生みたいに、敷居が高い先生は余りいないので、よっぽどじゃない限り相談に乗ってくれる。 一度、相談に乗ってくれると、その後どうなった?何て聞いてくれたりするので、先生とも仲良しになれる。 で、ダメだった場合は、エージェントを使っている場合は他のホストファミリーを紹介して貰う、又は自分で探す。 この頃は、インターネットで検索すると、結構ヒットするので、探すのもあまり苦じゃない。 イヤなのに、グズグズ文句言ってても始まらないので、まず勇気を持って言ってみる! そうすれば、何倍もアメリカ生活が楽しめると思うな。 personal loans greenville nc 90 day loans site loan daily life essay buy research paper topics essay on my dream village content … Continue reading

Share
カテゴリー: ホームステイ
タグ: , , , , , | 2 Comments

竹被害 その2

ずいぶん前にブログにアップして、気が付けば早や1年、未だに隣人の竹問題で、苦戦している我が家。 何回旦那に言っても、「ヌカに釘」 状態だったんだけど、何を思ったのか、いきなり隣りとのフェンスを剥がし始めた。 get payday loans fast こりゃシメタ!と思い、急いで隣人に声をかけて、我が家の裏庭の状況を見て貰った。 ウチに来る途中、隣人は、「そうなんだよね。何か対策があるんだったら何でもするから」 と低姿勢。←やっぱり気になっていたのね。 loans for medical residents さすがに、こんなになっているとは思わなかったらしく、「すぐに手配して根っ子を除去する」 と嬉しいオファー。 こう言った竹被害、隣人が何もしないと訴える人が多いので、ビクビクものだったのかも。←サスガ訴訟の国アメリカ。 laws for cash advance loans custom essay in toronto 2日後、業者がコンパクトな機械を持って、登場。 こんな小さいので、どうやってやるのかなぁと、興味津々の私は、後ろから覗いていた。 そうしたら、「破片が飛ぶと危ないので、後ろに行っててね」 と言われ、作業中は、遠くから高みの見物。 college admission essay conclusion この機械、スリムでコンパクトだけど、すごいパワーで、バリバリと竹の根っ子を粉砕していく。←朝10時から大音響。 危ない、と言ったのは本当で、すごい勢いであっちこっちに破片が飛んで来る。 が、物の30分もしないうちに、根っこは除去され、フカフカの土に。←やった~~。 フェンスから30cmほど、隣人側に竹の根を切って貰ったので、当分は大丈夫か? 切り取った竹は、専用の粉砕機でガガガ~~っと粉砕され、あっという間に終了。 自分達でやると、半日作業だけどさすがプロ、1時間弱で終了。 … Continue reading

Share
カテゴリー: 花&庭
タグ: , , , , | コメントをどうぞ