Monthly Archives: October 2015

Le Saunier de Camargue

今回、塩パンに使用したお塩は、Tが日本でくれたフランス産の Le Saunier de Camargue。 可愛い絵とコルクの蓋が、いかにもフランスらしくて可愛い。 蓋に貼ってある紙に書いてある名前、この塩を作った人の名前らしい。 Alain Barthelot さん、美味しいお塩をありがとう。  カマルグ産の塩って、水と土壌の性質が良いんだそう。 なので、精製していないのにもかかわらず、美しい白色をしている。 ちょっと荒いけど、舐めてみるとミネラルたっぷり含んでて、まろやかな甘さ。 このお塩で、塩結び作ったら美味しかった~。 お高いので、バッサバサ使うの勿体なくて、チビチビ使ってますわ。 project management essay essay on my dream city mumbai do my homework buy custom essays online

Share
カテゴリー: お勧めの物, その他, 料理
タグ: , , , , | コメントをどうぞ

塩パン

ちょっと前の話になるけど、塩パンが日本で流行っていた。 が、ここはサンディエゴ。 塩パン、売ってないし。 と言う事で、日本のレシピをゲットして、作りました~。 面倒くさがり屋の私。 パンを作る時は、いつも大量に作ってしまう。←チョコチョコ作るの嫌なので。 これで、美味しければ良いけど、不味かった時が最悪。 が、材料を見たら、不味いはずはないとの信念で、今日も今日とて大量生産。 出来上がったのを見て、ちょっと、塩を振りすぎたかなぁって感じでしたが…。 使ったお塩が美味しかったので、全然オッケー。 パン生地にバターに塩、素人にも結構おいしく出来ました~。  塩大好きの我が娘っ子、「お母さん!これウマ!また作って!」と大絶賛。 また気が向いたら、作りますわ。←何せ大量生産なもんで。

Share
カテゴリー: 料理
タグ: , | コメントをどうぞ

リニューアルオープンした Dumpling Inn

私の好きなお店の1つ、Dumpling Inn がリニューアルオープンした。 場所も、隣に移動し、広さも倍以上になって、エライおしゃれになっていた。 さてお味は、と言う事で、まずいつもオーダーする焼き餃子を注文。 餃子なのに、あっという間に出て来る所も、お味も変わらず、美味しくて満足! 小籠包も、変わらない美味しさでホッ。 今回は、Jちゃんと一緒に行ったので、彼女のお勧めのマーボー豆腐を注文してみた。 Jちゃん、私の事を考えて辛さは普通。←私辛い物好きですが口の中が辛い物仕様になって いない残念なオバサン。 だから、味がよく分かって、とても美味しく堪能。 で、Jちゃんは辛いの大好きだから、真っ赤っかにして食べてたし。←彼女無類の辛い物好き女子。 123 essays style=”text-align: left”>前はこのお店、店内が狭くて待ち時間長いし、席はギューギュー詰めだし、パパッと食べて帰る のみだった これからは、ゆっくり楽しみながら、美味しい中華が食べれるので、嬉しい限り。

Share
カテゴリー: お勧めのお店, ランチ
タグ: , , , | コメントをどうぞ

アメリカ南部料理 Étouffée

友達のJちゃん、アメリカの南部料理に妙に詳しい。 で、自分でも色々作っていて、ちょっとおすそ分けしてくれたのがこれ、Étouffée(エトフェー)。 玉ねぎ、セロリ、ピーマンの「聖なる三位一体」と呼ばれる野菜を使って、あとはエビやらソーセージ やらを入れて作るらしい。 南部料理は、基本カイエンヌペッパーやチリペッパーで味付けしたスパイシーなのが多くて、 この料理もスパイシー。 Jちゃんは、それにカルダモンを加えて、味に深みを付けていた。 私的には、どちらかと言うと、サラサラのカレーみたいな感じかな。 初めて食べたÉtouffée、日本人の舌にもしっかり美味しい料理でした。 Jちゃん、ゴチッ!

Share
カテゴリー: 料理
タグ: , , , , , , , , , , | コメントをどうぞ

Bud’s Luisiana Cafe

アメリカの南部料理に、良く出て来るのがキャットフィッシュ。 要は、ナマズですな。 ナマズと言えば、以前メキシカンレストランで出て来たのが、エライ泥臭くて食べられなかった。 それ以来、ナマズはご法度。 それを、Jちゃんに言ったら、「イヤイヤ、ナマズは美味しいですよ~」と。 じゃ一緒に食べに行きましょ、と言う事で行って来たのが、Bud’s Luisiana Cafe。 え?こんな所にあるの?と言う感じのオフィス街に入ると、チマッとありました。 店内は、昼時だった事もあって、そこいらで働いている男子ばっかり。 南部料理、女子には不人気か? まま、そんな事は良いとして、早速 Fried Catfish Plate をオーダー。 最初に出て来たのは、シーザーサラダ。 これって、外側の固い葉ッぱかい?と言う位、バリバリのロメインレタスが使用されていて ウサギになった感じ。 5 page research paper left”>さて、真打ち登場。 キャットフィッシュは、コーンミールでカラッと揚がっていて、全然臭みがない。 ギュッとレモンを絞って食べたんだけど、普通の白身の魚と何ら変わらない美味しさ。 付け合わせのポテトも、パリッと揚がっていて、なかなか~。 キャットフィッシュの概念、変わりましたわ。 今度は、ガンボ (アメリカ南部のオクラが入ったスープ) 試してみようっと。

Share
カテゴリー: ランチ, 料理
タグ: , , , | コメントをどうぞ