夜に洗濯するな!

ある日、先のフィリピン人のホストファミリーから我が家に来たMちゃんが、友達に会いに行くと言う。

どこに住んでいるのか聞いたら、我が家から歩いて20分と言う事で、じゃウチに遊びに来れば良いじゃない、と迎えに行った。

cheap will writing services

行く道々、その友達もフィリピン人のホストファミリーと問題がある、と言うので聞いてみると、何とも呆れた実情が…。

Jちゃんがステイした家は、両親と子供2人の典型的な家族で、夫婦は共働きである。

cash advance from credit card

Jちゃんが学校から帰って来ると、彼女用にスパゲッティを作ってくれる。←彼女用に作るのはスパゲッティのみ。

が、ややもすると、そのスパゲッティが出て来ない事があったと言う。←契約違反である。

信じられないのが、彼女が食事を終えて部屋に戻ると、やおら自分達の食事を作り始めると言う。

何故分かるかと言うと、匂いである。

肉を焼く良い匂いが、部屋中にたち込める。

が、その食事は、Jちゃんの口に入る事はなかった。←この場合Jちゃんは何故食事を一緒に食べれないかを聞くべきである。

ご飯が出ない日は、日本の家族から送って貰った、パックのご飯やインスタントラーメンを食べていたそう。

彼女が使っていた部屋もひどくて、一応個室だが、窓ガラスが割れていて、段ボールで修繕してあるだけ。

彼女の部屋は1階だったので、もし何かあった場合、彼女の部屋が一番に狙われる事を考えると、ぞっとする。

家の中も、掃除が行き届かず雑然としていたし、前庭も雑草がボウボウと生えていた。

comparative essay help

極めつけは、洗濯。

夜9時ごろ、明日着る体操着がない事に気付き、洗濯機を回していたら、ものすごい勢いでホストファーザーに、

「夜に洗濯をしちゃいけないって言っているだろ!

2000 payday loan

と怒鳴られたそう。

夜に洗濯をしてはいけない、と言われていたのだったら、それはJちゃんに非がある。

civil service examination essay paper

理由は、うるさいから。

が、その時、誰も就寝していなかったし、Jちゃん以外のみんなは食事中だった、と。

呆れるのが、9時に洗濯をした彼女を怒鳴っておきながら、ホストマザーはよく夜の11時過ぎに洗濯をしているんだそう。

それを言ったら、「おまえはウチの家族じゃないんだから、そんな事を言う権利はない」 と。

事情を話したが、すぐに洗濯機は止められ、彼女は体操着を持って行く事が出来なかった。

ホストファミリーは、生徒を預かったら、その生徒を家族の一員として扱う、と言うルールがある。

だから、生徒は家族と一緒に食事をし、洗い物や庭掃除を手伝ったり、ゴミ出しなどもする。

そして、一緒に映画を観に行ったり、キャンプに行ったり、買い物に行ったりする。

そう言う事を通して、家族との絆を深め、異文化を学ぶ。

話を聞いている間、開いた口がふさがらない私。

話を聞き終わって、速攻彼女のエージェンシーに電話をし、彼女を引き取った。

荷物をまとめる為に家に戻ったら、ホストファーザーが出て来て、彼女の文句をタラタラ私に言って来た。

paper writing online

loan calculator personal

文句を言う、と言う事は、Jちゃんにも非があったんだと思う。

どこの国の子供でも、16~18歳は大抵自国で親が何でもやってあげているので、手がかかる。

お皿の上げ下げから洗濯の仕方、共有スペースの使い方、水の使い方、はたまた他人に対する態度まで教えなければなら
ない時がある。

が、それを差し引いても、夕飯を作らない、窓ガラスが割れている部屋をあてがう、生徒に対する横暴な態度は、どうだろう。

もし、自分の子供が、他国でこう言った待遇を受けたら、どう思うかを想像したら、こう言った扱いは出来ないと思う。

この家も、結局お金目当てで、生徒をないがしろにしていたので、先のエージェンシーはリストから外した。

日本からの申し込みだと、こちらの様子が全然分からず、エージェンシーの言いなり、である。

良いエージェンシーに当たれば良いが、外れるとこうなる。

なので、もしホストファミリーと合わない、自分に対する扱いが妥当でないと感じたら、是非そう言った事情を話して、ホストファミリーを変わって欲しい。

そんな事をしたら、我が儘なんじゃないか、とか悪く思われるんじゃないか、と思うのは、日本人の考え。

外国の人は、良いか悪いかをハッキリ言わないと分からないし、、何も言わなければ、文句がない物と見なされるからである。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
Share
カテゴリー: ホームステイ
タグ: , , , , |

2 Responses to 夜に洗濯するな!

  1. のぶ says:

    はじめまして!
    いつも、楽しそうなホストファミリーだなと思いつつ拝見しています。

    私も親戚の子供を預かる事があるので、留学生のスティする
    ホスト宅には酷い所があるなと常々感じていました。
    外部から泥棒が入ったように見せかけるホスト、
    妊娠中の妻がいるのに生徒にセクハラするホスト
    餌のような食事を出すホスト、びっくりします。

    さらに驚くのはそういう最悪なホストファミリーから
    さっさと逃げない日本人留学生達がいる事です。
    学校や斡旋業者にクレームしなさいと周囲に薦められてもモタモタ。
    危機感がないのか、斡旋会社に言いくるめられているのか?
    それとも、留学生が大げさにホストの悪口を言っているだけで
    本当は違うから逃げないのかしら?と不思議でなりません。

    ほんと、留学生には危ないホスト宅に長居せず
    学校や斡旋先にクレームして欲しいですよね。
    後につづく学生の為にも。

  2. Naoko says:

    のぶさま

    いつも訪問して下さって、ありがとうございます。

    日本人の学生を見ていると、喉元過ぎれば何とやら、ではないんですが、
    一旦その悪質ホストファミリーを出てしまうと、面倒くさい、私にはもう関係ない、
    時間がない、英語力がないので文句を言えない等の理由で、そのままになる
    のを何度も見ました。

    のぶさまの言う通り、本当に犯罪すれすれの事をするホストファミリーが
    多いので、そう言ったファミリーは断固糾弾すべきだと思います。

    ですが、当の本人がやらない、と言われると、こちらは何も出来ず…。
    これだから、被害が減らないんですよね。

    それに、斡旋会社にも問題があり、ホストファミリーに会いもせず、
    家を見にも行かず、書類だけを送ってその家族を登録します。

    斡旋会社は、学生さんから毎月結構な手数料を取りますので、もっと
    ちゃんと管理して欲しい、と常々思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *